田中 均 (Hitoshi Tanaka)(@TanakaDiplomat)さんの人気ツイート(新しい順)

26
総裁選挙で光があたったのか、旧態依然とした自民党のままでも支持率は回復。このまま既得権益を守る政治をしてもらっては困る。来夏に参議院選挙も控え、政策競争が起こり、緊張感のある政治を生むためには、この衆議院選挙で与野党が拮抗する結果となることが必須。国のため、選挙に行こう。
27
残念ながら安倍、菅政治の継続だ。野党が統一候補をだし一体となり、与野党が拮抗しないかぎり、先はこの上なく暗い。民主主義とは名ばかりの一党独裁体制がもたらすのは、権力の私物化、既得権益の固定化だ。このまま日本は沈んでいくわけにいかない。
28
総裁選を3日後に控え、党の重鎮の力が如何に強いかを知る。大きな役割を果たした人々は何故潔く退くことをしないで自己主張を続ける?若い人たちに託そうという意識も働かない?危機感を持ち、既得権益を破る力が働かない限り、未来はない。国民の不満や憤りを過小評価すると必ずしっぺ返しにあう。
29
国会議員の皆さん、どう説明しますか?G7中、日本は一人当たり国民所得は最低位にかかわらず、国会議員の報酬は最高位。英国やドイツのほぼ倍。私は英国やドイツの国会議員を良く知っていますが、多くが庶民の感覚を大事にする普通の人達。日本の議員の「選ばれた人」感を感じることはありません。
30
日本の投票率は53%で世界145位、主要先進国中最低。殆どの民主主義先進国で与野党勢力が拮抗し、連立政治が定着している中、自民党の衆院での議席占有率は61%で群を抜く。プーチンの与党が66%超のロシア並み。これだけ権力が集中して民主主義と言えるのか。投票率を上げ、政党間競争を実現しよう。
31
国民は知る必要がある。この10年主要国の中でも日本の衰退は最も激しく、長期自民党政権は有効な手立てを打ってこなかった。GDPは10年前には中国の83%、米国の40%だったものが、今日には各々32%、23%。人口は2百万人以上減少。勇ましく台湾有事だとか敵地攻撃能力を言う前に国力を上げることが先決。
32
権力集中による3S(説明せず、説得せず、責任取らず)政治を総括することなく、日本が置かれた状況に危機感を語ることもなく、将来の大きなビジョンを議論することもない総裁選。コップの嵐から抜け出て、国を語る機会なのに。私は無党派であるが、総選挙で自民党に票を投じる気持ちは、もう失せた。
33
ドイツと日本は選挙制度の大枠は同じだが、国民の政治的関心は高く、投票率も75%程度と日本より20%以上高い。若者に対する政治教育も充実し、コロナ下でも最大の関心は気候変動問題だ。日本では何としても投票率を上げたい。
34
コロナで大事なことは感染拡大時に備えて、PCR検査・隔離・病床やICU確保に加え危機管理体制等をシステム化しておくことだ。「のど元過ぎれば」ではなく、危機にすぐ措置がとれるような備えを常時作っておくべき。感染を短期で止めている国は増えた時に直ちに措置できている国だ。これは長期戦。
35
石破さんが河野さんに協力すると安倍元首相が石破さんを忌み嫌っているので、細田派は一切河野さんには投票しない、とジャーナリストの解説。事実なら議員集団とも思われない幼稚さ。政策や党改革はそっちのけで何時までコップの中の争いを続けるつもりか。醜悪。
36
最も望ましいのは自民党の長老支配に終止符が打たれ、世代交代により活性化が図られること。そして総選挙で与野党が拮抗し、日本の政治にチェックとバランスが取り戻されることだ。
37
どの自民党総裁選立候補者からも強い危機意識は感じられない。重鎮の顔色を窺い、波風を立てないよう徹しているようだ。そもそも要職歴任の体制内候補者には変革は望むべきもないということか。コロナ禍からの立ち直りが遅れ、長期的にも停滞を続ける日本の現状を変える力をこの党に求めるのは無理?
38
サンデー毎日9月19日号にインタビュー記事が掲載されています。自民党に投票するな、とセンセーショナルな見出しがとられていますが、党改革できないのであれば、そう言いたいということです。
39
森友や1.5億円選挙資金の説明が必要だという主張や党改革の主張を阻む動き。自民党は個利個略が横行する政党なのか。補欠選挙、地方選挙で敗北が続いていることや総選挙で大きく議席を減らす予想であるのは何故だと考える?自民党総裁選のすべてを監視しよう。そして総選挙で審判下すのは国民の責務。
40
コロナ禍で二代にわたって政権が投げ出された。投げ出した人、投げ出した政権を作った人たちが何の反省もなく、臆面なく誰彼を支持するとキング・メーカー気取り。何の矜持もないのか。責任を追及しようという気概もないメディア。一つ一つの行動を正していく事が民主主義を守るのに必要なのでは。
41
見てきたように政局だけの観点から得意げに語るジャーナリストとこれを好んで登場させるテレビ局。国民はもう自民党政局に関心がないのでは。今の危機はコロナであり、経済停滞であり、アフガンで傷ついた外交だ。やはり日本の統治の劣化にマスメディアの知的退廃も大きく貢献しているような気がする。
42
形勢不利となるや総裁としての審判を避け、人事を刷新し、総選挙を先行させる?説明せず、説得せず、責任をとらず、という3S政治の極み。コロナ禍でも、なりふり構わず展開する自民党政局を見ていると、この党は存在意義を失ったと思う。「国民の目は節穴ではない」ことを思い知らせる時は来たか。
43
アフガン問題は日本の実体を露呈。危機管理能力の不足。官邸で危機管理として迅速な自衛隊機の派遣、脱出体制の構築を行うべきだった。外務省の受け身姿勢。脱出の前に他国と同様空港に拠点を移し、邦人や協力アフガン人脱出の調整にあたるべきだった。今後、協力者の救出の外交に全力を尽くすべき。
44
既得権益を持った派閥のボスが自分に都合がよい総裁を望み、配下の議員は、人事や資金配分で力を失い政治哲学が優れているとも思えない派閥ボスに追随。自民党にとり、時は止まってしまったか。25%の支持しか持たない首相を総裁に再選するのだろうか?国を考えない政党に国民は国政を委任するか?
45
自民党総裁選挙は既得権益を守ろうとする勢力が強いようだ。補欠選挙・地方選挙に事実上負け続けても現状の体制を維持しようという。オープンな競争の先頭に立つべき人もコロナ禍の選挙はすべきでないと。有権者をこれ程甘く見ている政党に未来はない。3S政治(説明・説得・責任の回避)は許さない。
46
コロナ中等症・重症者ですら入院できず死に至る例が出だすという医療崩壊の現実を目のあたりにすると、憤りがこみ上げる。1年半もあり、専門家の警告が続いてきたのに、今になってステップ1のコロナ病床を増やす要請を医療機関に行ったという。国民の生命財産を守れない政府は存在意味がない。
47
横浜市長選の民意をどう読むか。コロナやIR政策への批判に加え、強い権力に安住し3S政治(説明せず、説得せず、責任取らず)を続ける過去10年の自民党政治への怒りではないか。「顔を変えればよい」ではなく、今日の日本の状況への危機意識と使命感をもつ指導者を選ばない限り、自民党に未来はない。
48
自民党の人たちの危機意識のなさ。功名心から総裁選出馬の意欲を示す人か、コロナ危機の中で総裁を変えるべきでないという人たちのみ。コロナや長期的衰退危機に現政権では駄目だという明確な世論調査があるにもかかわらず。この旧態依然、活力なき政党が日本を支配し続けるのかと思うと悲しい。
49
76回目の終戦の日。自己利益で突っ走った戦前の歴史を繰り返してはならない。国々の自己主張がぶつかり合っても、衝突を避けるのが指導者の知恵。ナショナリズムを煽って国民の支持を得ようとする指導者が増えてきた事を憂う。
50
10年近い自民党・官邸一強体制が3S政治(説明・説得・責任の欠如)を生んだ。世界でもトランプ、習近平、プーチン、エルドワン(トルコ)、ドゥテルテ(比)、ボルソナロ(ブラジル)等人気先行の「ストロングマン」的政治は何時までも続かない。日本は選挙で健全な統治体制に戻さなければならない。