田中 均 (Hitoshi Tanaka)(@TanakaDiplomat)さんの人気ツイート(新しい順)

1
日本は不思議な国になってしまった。外務大臣が中国に行くのは慎重たるべきといった雰囲気がメディアを始め出てくる。韓国との関係も対話する事すら憚られる。問題があればあるほど対話をしなければならない。対話せず自己主張だけで、そして米国に追随していけば保守ナショナリズムは充足される?
2
選挙に行き、政治に参加しましょう。黙っていて発展する時代は終わりました。民間活力を邪魔せず、教育を充実させ、医療体制を整備する賢明な政治の力が要ります。投票用紙に候補者名や政党名を書くと、その後、選んだ候補者や政党がどういう行動をとるのか気になります。これが政治参加そのものです。
3
明日総選挙。良心に従って投票したい。私は今回は、抗議の意思を込めて、非自民に投票しようと思う。これ程傲慢な権力行使をしてきた自民党長期政権は是認しないという有権者の声が大勢となることを願う。一回一回の選挙を通じてしか民主主義は向上しないし、まさに今、その時が来ている。
4
新聞各紙は自民党の優勢を伝えている。権力の私物化や政治とカネの問題を引き起こし、停滞して行く国の基本問題に答えず、旧態依然とした体質を維持している政党に、反省を促す一撃を加えるべきだ。野党に十分な魅力が欠けるとしても、自民党政治の継続に信任票は投じられない。「非自民」でいこう。
5
政府購入のマスク115億円分余剰。思い付きの人気取り政策が如何に無駄を生むか。政府の役割りは限られた財源で最大の効果を生むこと。Go Toも費用対効果の吟味が必要。
6
自民党が単独過半数を大きく超える選挙前調査。若い人の日本の現状に対する危機意識も希薄。経済が停滞一途をたどるときに反転できるのは政治の力。政治に活力をもたらすには与野党の拮抗がどうしても必要だし、政治への信頼を失わしめ今日の停滞を招いた自民党政治にノーと言うべき時が来たのでは。
7
参議院静岡補選で自民党候補が敗北。地方・国政選挙で負け続けている理由は権力のおごりであり、旧態依然とした長老支配。人心一新を図るチャンスがあったにもかかわらず、長老支配が色濃く残る体制を続けた。世論調査では与党は議席を大きく減らさないというが、無党派の国民が政治を変える時が来た。
8
10.31総選挙の全候補者のうち世襲候補者は12.5%、突出しているのは自民党で29.5%、女性候補者は17.7%、自民党は公明党の7.5%に次ぎ僅か9.8%。本来率先して候補者の多様化を図っていくべき政権与党が既得権益に縛られ、時代に逆行している。この言行不一致ぶりに憤りを感じませんか?
9
日本衰退の原因は変化しないこと。外圧でようやく変わった携帯電話市場や金融証券市場。移民政策や農業、教育制度、医療制度など外圧が効かず、官僚・政治などは既得権益を守ることに汲々。それがコロナ対応や大幅に遅れた気候変動対策に表れている。日本の政治に現状打破の意思は全く感じられない。
10
選挙は審判だ。嫌疑をかけられても権力を盾に説明責任を免れたきた人達、説明責任を免れるべく要職を辞任、或いは離党した人達、当然のように世襲で立候補する人達。選挙で当選すれば「みそぎ」は済んだとして何事もなかったように再び表舞台に復帰する。私たちはそれで良いですか?
11
権力者は批判を受けそうなことは頬かむりする。だから周りを固め、対抗勢力の力を削ぐことに汲々とする。それが安倍菅政権「官邸一強体制」ではなかったか。こんな民主主義の原則に反することは良くない。投票前によく考えよう。拮抗した国会勢力になれば権力をチェックしバランスさせることが出来る。
12
人気取り公約に惑わされるのは止めよう。圧倒的多数を持ちながら多くの課題に答えられず、過剰な権力行使や「政治とカネ」の問題を引き起こした政治にNoと言い、競争を取り戻せるかが争点。選挙区では信頼できる人か否かを基準に、比例区では非自民を基準とすることで、日本の民主主義を活性化しよう。
13
何故国民はもっと怒らないのか。30年成長しない経済、上がらない労賃。「新資本主義」や「成長と分配の好循環」といった抽象論でごまかしてはいけない。必要なのは、気候変動、デジタル、医療を成長産業と捉え、抜本的な規制改革をし、ため込まれた資金を投資に振り向ける具体的な成長戦略ではないか。
14
僅か10日の岸田政権の信任を問うというより、権力に安住した政治をただす選挙。そのためには自民党の議席を大幅に減らす必要があり、今回は非自民でいきたい。日本の窮状を打開するのにベストなのは、どの党も過半数を超えず連立政権で統治に緊張感と責任感をもって切磋琢磨する状況だ。
15
9年前託した希望は打ち砕かれた。GDP・家計所得・労働生産性・債務のGDP比・少子高齢化のどれをとっても改善の兆しなし。男女平等比率や報道の自由度では民主主義国で下位に低迷。顕著に改善したのは株価や大企業の内部留保。危機を感じる要因は3S政治(説明せず、説得せず、責任取らず)だけでない。
16
ノーベル賞の真鍋さんが日本に帰らない理由を問われ「周りと協調して生きられないから」と述べた。日常生活において協調できないという訳ではなく、調和を求める仕事環境には馴染めないと言う事だろう。どの職業でも、独立心の強い、突出した人材が未来を拓く鍵であることは明らかなのだが。
17
低支持率について問われた岸田首相、「自分自身を振り返りながら選挙に向けて取り組んでいく」と。自民党総裁としてならわかるが、官邸で首相として問われているのだから、首相として国政に最善を尽くす、と言ってほしかった。選挙での自民党の勝利のために国政を考えられても困る。
18
これは何だろう。政権を二度放り出し、加計・森友・桜など数々の疑惑には答えず、メディアでは総裁選は「安倍一人勝ち」と称される。唯一無二の優れた政治家なのか、キングメーカーともてはやすメディアの愚かさか、それを受け入れる自民党の節操のなさか。それとも、これを是とする国民の問題か。
19
総裁選挙で光があたったのか、旧態依然とした自民党のままでも支持率は回復。このまま既得権益を守る政治をしてもらっては困る。来夏に参議院選挙も控え、政策競争が起こり、緊張感のある政治を生むためには、この衆議院選挙で与野党が拮抗する結果となることが必須。国のため、選挙に行こう。
20
残念ながら安倍、菅政治の継続だ。野党が統一候補をだし一体となり、与野党が拮抗しないかぎり、先はこの上なく暗い。民主主義とは名ばかりの一党独裁体制がもたらすのは、権力の私物化、既得権益の固定化だ。このまま日本は沈んでいくわけにいかない。
21
総裁選を3日後に控え、党の重鎮の力が如何に強いかを知る。大きな役割を果たした人々は何故潔く退くことをしないで自己主張を続ける?若い人たちに託そうという意識も働かない?危機感を持ち、既得権益を破る力が働かない限り、未来はない。国民の不満や憤りを過小評価すると必ずしっぺ返しにあう。
22
国会議員の皆さん、どう説明しますか?G7中、日本は一人当たり国民所得は最低位にかかわらず、国会議員の報酬は最高位。英国やドイツのほぼ倍。私は英国やドイツの国会議員を良く知っていますが、多くが庶民の感覚を大事にする普通の人達。日本の議員の「選ばれた人」感を感じることはありません。
23
日本の投票率は53%で世界145位、主要先進国中最低。殆どの民主主義先進国で与野党勢力が拮抗し、連立政治が定着している中、自民党の衆院での議席占有率は61%で群を抜く。プーチンの与党が66%超のロシア並み。これだけ権力が集中して民主主義と言えるのか。投票率を上げ、政党間競争を実現しよう。
24
国民は知る必要がある。この10年主要国の中でも日本の衰退は最も激しく、長期自民党政権は有効な手立てを打ってこなかった。GDPは10年前には中国の83%、米国の40%だったものが、今日には各々32%、23%。人口は2百万人以上減少。勇ましく台湾有事だとか敵地攻撃能力を言う前に国力を上げることが先決。
25
権力集中による3S(説明せず、説得せず、責任取らず)政治を総括することなく、日本が置かれた状況に危機感を語ることもなく、将来の大きなビジョンを議論することもない総裁選。コップの嵐から抜け出て、国を語る機会なのに。私は無党派であるが、総選挙で自民党に票を投じる気持ちは、もう失せた。