ニューズウィーク日本版(@Newsweek_JAPAN)さんの人気ツイート(新しい順)

1
動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格 <アルコールを経口摂取した場合、ハムスターの肝臓はエタノールの処理に「非常に効率的」で、血液中にはほとんど含まれないとされる> newsweekjapan.jp/stories/world/…
2
コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師……<ある男性は「約3.8センチ短くなった」と告白。専門家の調査でも数は多くないものの、「精巣や陰茎のサイズ縮小」が報告されている> newsweekjapan.jp/stories/world/… #新型コロナウイルス #コロナ後遺症 #男性
3
マジックマッシュルームがもたらす幻覚が、「鬱病」を劇的に改善……<マジックマッシュルームの有効成分「シロシビン」と「LSD」が、ネガティブ思考を強制遮断。精神科医療に過去30年で最大の進歩をもたらす可能性> newsweekjapan.jp/stories/world/… #鬱病 #ネガティブ #メンタルヘルス
4
12/14(火)発売のニューズウィーク日本版、第2特集は『櫻井翔と戦争の記憶・後編』。筆者は櫻井翔さん。キャスターとして「戦争の記憶」を伝え続けてきた櫻井さんが、今回の寄稿では取材者かつ「遺族」の立場で戦争の本質に向き合います。#櫻井翔 #櫻井翔の2万5000字 amzn.to/3DNGqy0
5
存在しないスイス人科学者、中国がねつ造か 偽アカウント600件...武漢説めぐり ──新型コロナの起源を突き止めようとするアメリカの姿勢に猛烈に猛反発する「科学者」は存在しなかった? newsweekjapan.jp/stories/world/… ...
6
【本日発売】特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶 キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う 櫻井翔と「戦争」 戦没した家族の記憶(前編) newsweekjapan.jp/magazine/36074…
7
櫻井翔さんが膨大な資料と格闘し新たな証言を得ながら再現した「第3章」が圧巻です。取材対象に極限まで接近しようとする努力と誠意、身を削ってでも伝えるという責任感なくしてこの部分は書けません。筆者は連日、編集部と修正稿を往復しながらファクトと言葉を探し続けました。(担当・小暮)#櫻井翔
8
櫻井翔さんが書き下ろす、戦没した家族の「戦争の記憶」。新聞記者だった祖父が残した大伯父の記憶を、家族・親族への取材と独自の調査でたどります。取材者かつ「遺族」として書くという心を使う作業に、ジャーナリスト・櫻井さんが正面から向き合いました。(担当・小暮)#櫻井翔 #櫻井翔の2万5000字
9
12月7日(火)発売「櫻井翔と戦争の記憶」特集。丹念に資料を調べ、真摯に関係者の話に耳を傾け、原稿にまっすぐ向き合う櫻井さん。目の前に情景が浮かぶ、櫻井さんならではの筆致で捉えた「戦争の肌触り」を、読者のみなさんにもぜひ感じてほしいです。(編集長・長岡)#櫻井翔 #櫻井翔の2万5000字
10
「3.11の記憶」に続き、櫻井翔さんが長文を寄稿してくれました。特集「戦争の記憶」。キャスターとして「戦争を伝えること」をテーマに取材し続ける櫻井さんが、海軍士官として戦没した祖父の兄の最後の足取りを追うことで「戦争の本質」に迫る前後編2万5000字の力作です。(編集長・長岡)#櫻井翔
11
12月7日(火)発売のニューズウィーク日本版は、「櫻井翔と戦争の記憶」特集。筆者/表紙は櫻井翔さん。櫻井さんが独自の取材と調査に基づき書き下ろす、前後編の2週連続特別企画。「戦没した家族」の記憶を追い、戦争の本質と向き合います。#櫻井翔  #櫻井翔の2万5000字  amzn.to/3Eu4eb6
12
12月7日(火)発売のニューズウィーク日本版(12月14日号)は、「櫻井翔と戦争の記憶」特集。開戦から80年を迎える太平洋戦争について、櫻井さんとともに2週連続(12月7日発売、12月14日発売)で振り返ります。#櫻井翔 amzn.to/3pirimO
13
多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「寛容さの限界」……<人道的見地から難民・移民を受け入れてきたスウェーデン社会が、財政負担と治安の悪化で右傾化へ舵を切る> newsweekjapan.jp/stories/world/… #移民政策 #スウェーデン #福祉
14
中国に「ノー」と言っても無事だったオーストラリアから学ぶこと コロナ発生源の独立調査を主張したオーストラリアに、中国政府は前例のない、経済全体に関わるほどの報復措置を仕掛けたが影響は驚くほど小さかった。これを見て、オーストラリアに追随する国々も出てきている newsweekjapan.jp/stories/world/…
15
羽生結弦選手が卒論で語るフィギュア採点の未来 「審判の目による採点は限界がある」と選手から不満の声が上がることもあるフィギュアスケートだが、羽生選手は、自らの実験によって「科学的に解決できる可能性がある」と示した。その研究内容と着眼点の素晴らしさを紹介する newsweekjapan.jp/akane/2021/11/…
16
<衆院選>それでも日本人は新自由主義を選んだ newsweekjapan.jp/fujisaki/2021/…
17
自民党は一度、ネット世論戦略に失敗している。Dappiはその後継か? 今のところ、Dappiは自民党と取引のある法人アカウントというだけで背後関係はわからない。しかし万が一にも利益供与があったと判明すれば内閣は吹っ飛ぶ newsweekjapan.jp/furuya/2021/10…
18
イギリスに新たな変異株「デルタプラス」出現 従来型より感染力が強い可能性 newsweekjapan.jp/stories/world/…
19
岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか newsweekjapan.jp/fujisaki/2021/…
20
中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告 >>華為(ファーウェイ)、小米(シャオミ)などを名指し。利用履歴を外部に送信している、「チベット解放」などを検出する機能もあると、国民に呼び掛けた newsweekjapan.jp/stories/techno…
21
武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実験を計画していた newsweekjapan.jp/stories/world/…
22
3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備 newsweekjapan.jp/stories/world/…
23
3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備 newsweekjapan.jp/stories/world/…
24
反共イデオロギーが日本政治をダメにする──八代弁護士『ひるおび!』発言が悪質な理由 newsweekjapan.jp/fujisaki/2021/…
25
たとえ菅が辞めようと、臨時国会を開かない自民党には政権を任せられない newsweekjapan.jp/fujisaki/2021/…